Anti-Scam-Blog

投資詐欺や悪質なネットビジネスの注意喚起をやってます。本業は投資とWEBコンサル(SEO対策)です。仮想通貨についてはお勉強中。

人の流れを読む、SNSを用いたSEO対策の方法

SEO対策で検索順位を上げようとする前の大切な作業として「自分がユーザーに届けるコンテンツと、ユーザーが知りたい情報の間のギャップを埋める」というものがあります。

 

つまり「ユーザーが知りたい情報」と「自分がSEO対策を行うコンテンツの情報」を合致させるということですね。これは一見当たり前に思えますが、見切り発射的にコンテンツを作成するのと、前もって競合(自分がSEO対策を行おうとしているキーワードで検索したときに上位表示されているウェブサイト)のページやサジェストワード、関連検索ワードを分析した上で検索者の意図と擦り合わせてコンテンツを作った場合とでは、長い目で見ると検索結果に大きな違いが見られます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ただしこのとき「競合サイトにはこんなことが書いてあるから、その内容を参考にする」だけではSEO対策としては不十分な場合があります。現状で検索エンジンから高評価を受けているサイトのコンテンツの真似をしただけでは、それ以上の評価は絶対に得られないからです。

 

そこで競合サイトよりも上位表示を狙うために大切になってくるのは、やはり「ユーザーの検索意図との擦り合わせを行なう」という作業を丁寧に行うことです。自分が取り上げるトピックのキーワードを用いてツイッターフェイスブックで検索をかけると、さまざまなメンションが見られます。サジェストワードに加えて、ネットユーザーの意見や疑問点を上記のような形でSNSを用いて分析することで、自分が作成するコンテンツ内で取り上げるべき情報が見えてくるのです。

 

ユーザーがどんなことを疑問に思って、どんなキーワードで検索して自分のコンテンツまでたどり着くのか。その「流れ」を分析するために、SNSも有効活用するようにしましょう。

※このブログでは投資・投機に関係する情報を扱っていますが、それらを推奨するものではありません。投資はリスクを考慮した上で自己判断・自己責任のもと行ってください。