Anti-Scam-Blog

投資詐欺や悪質なネットビジネスについて調査しています。仮想通貨詐欺の調査をメインにやっております。

キンコン西野が『えんとつ町のプペル』をSpotlightで無料公開し炎上中?!

 クラウドソーシングで4000万円以上の資金調達に成功し、Amazonでも相当数の予約数を記録するなど、発売前から話題になり、昨年10月の発売後には海外でも高い注目を集めていたお笑いコンビ、キングコングの西野さん他制作チームによる絵本『えんとつ町のプペル』ですが、この作品が今回WEB上で無料公開されたことで話題になっています(下記リンク参照)。

spotlight-media.jp

 

スポンサーリンク

 

 

上記リンクのページ下部にて、西野さんは無料公開した意図について、以下のように述べています。

実は今回、この絵本を最後まで無料で公開したのは、とても勇気がいることでした。僕だけでなく、この作品に携わっているスタッフは、この絵本の売り上げで生活をしているからです。ただ一方で、「2000円の絵本は、子供が、子供の意思で手を出すことができない」という声も耳にしました。

 

たしかに、2000円は決して安くない値段です。僕は子供に届けたいと思うけれど、「お金」という理由だけで、受け取りたくても受け取れない子がいる事実。

 

だったらいっそのこと、「お金なんて取っ払ってしまおう」と思いました。『えんとつ町のプペル』を、お金を出して買いたい人は買って、無料で読みたい人は無料で読める絵本にしてしまおう、と。

同作品は現在Amazonの売り上げランキングでも絵本部門で第1位を記録していますが、時間的にも金銭的にもかなりの投資をして完成した「商品」を無料で公開することには、「話題を集める」というプロモーションのためというものに加えて、上に取り上げたような西野さんの心意気があったのだと推測されます。

 

公開した先のSpotlightがPV数に比例してインセンティブ報酬があることなどで批判も受けていますが、自身の知名度に加えて、「無料公開」という目新しい方法で大々的なプロモーションを行うというのは、さらなる話題集めとしては非常に優秀な戦略だと言えるでしょう。

 

「買った人に失礼」といった意見もあるようですが、このような批判は、実際に「モノ」としての形が残る絵本という商品の性質上、少々的外れかと思いますね。

 

これを見て「無料で見れるなら買わない」という人はほとんどいないでしょうし、むしろ「良い作品だったし買ってみようかな」と思う人が増えれば、芸術家の活動としても、商品のプロモーションとしても大成功だと個人的には思います。

 

えんとつ町のプペル

えんとつ町のプペル

 

 

実際のところ西野さんも自身のブログで

今朝、『えんとつ町のプペル』を完全無料化して、誰でも見れるようにしたところ、Amazonの売り上げが急激に伸びましたことをご報告いたします。 

 キングコング 西野 公式ブログ - 『えんとつ町のプペル』の完全無料にした結果… - Powered by LINE

 

と述べていますので、かなりの効果があったように思えます。

 

一方で、彼がブログで「お金の奴隷解放宣言」と表現していることに関しては、どうかなと思うところがあります。

僕の財産は、『えんとつ町のプペル』という《作品》だと思うのですが、
個人の財産を個人が独り占めするのではなく、分配し、皆の財産にしようと思いました。
皆が豊かになった方が、巡り巡って自分も豊かになるだろう、と。
『ギブ&テイク』ではなく『ギブ&ギブ』。
自分のことだけを考えても、その方が良いだろうと結論しました。

 


お金の奴隷解放宣言です。

 


これから、無料化できるところから無料化していって、『お金』なんて、そもそも存在しなかった時代や、地域で、おこなわれていた『恩で回す』ということをやってみます。

キングコング 西野 公式ブログ - お金の奴隷解放宣言。 - Powered by LINE

 

この絵本作品は、西野さんの、制作に携わったクリエイターの、そしてクラウドファンディングで資金援助を行った協力者の「資産」です。それを無料で解放したことは、決して「分配」とは言えないでしょう。これを商用利用自由とかにするならそう言えるかもしれませんが。

 

「お金の奴隷解放宣言」については色々意見したいことはあるのですが、こうした「炎上商法」は西野さんが得意としている分野でもありますので、ひとりの芸術家として、自身の「芸風」や「強み」を活かしたプロモーションができる人はそう多くありません。この点は私自身、高く評価していますので、批判についてはあえてしないでおこうかなと思っています。

※このブログでは投資・投機に関係する情報を扱っていますが、それらを推奨するものではありません。投資はリスクを考慮した上で自己判断・自己責任のもと行ってください。