Anti-Scam-Blog

投資詐欺や悪質なネットビジネスについて調査しています。仮想通貨詐欺の調査をメインにやっております。アフィリンクをふんだんに含みます。

仮想通貨のアービトラージツール(アプリ)は儲かる?

 

 

f:id:roko8and17:20170929122955j:plain

最近の仮想通貨・暗号通貨ブームに乗じて、取引所間の「価格差(サヤ取り)」で儲けを出す「アービトラージ」という手法が注目を集め、そのためのツールやアプリなども高額で販売されています。結論から言うと「アービトラージには儲けるチャンスはあるが、ツールが普及すると難しい」というものになります。ここからは、その理由や、そもそものアービトラージの仕組みなどを開設していきます。

 

アービトラージとは

 裁定取引(アービトラージ)とは、同一の価値を持つ商品の一時的な価格差(歪み)が生じた際に、割高なほうを売り、割安なほうを買い、その後、両者の価格差が縮小した時点でそれぞれの反対売買を行うことで利益を獲得しようとする取引のこと。機関投資家などが、リスクを低くしながら利ざやを稼ぐ際に利用する手法です。株価指数等の現物価格と先物価格を利用した取引などが代表的です。

 

http://www.smbcnikko.co.jp/terms/japan/sa/J0288.html

上記内容を仮想通貨・ビットコインで考えてみましょう。例として、コインチェックとビットフライヤーでビットコインの価格に差があると仮定します。

 

▼BTC価格に差が生じているとき(例)
・コインチェック:買45万円/売44万円
・ビットフライヤー:買43万円/売り42万円

ビットフライヤーでビットコインを43万円で買い、コインチェックで44万円で売ると、価格に差が出ていた1BTCあたり1万円が利益になります。仮想通貨におけるアービトラージとは、このように取引所間でレートに差がある時にそのサヤを利用して儲けを取るという仕組みのことを指します。

 

なぜ取引所間の価格差は生まれるのか

ビットコインなどの仮想通貨は需要と供給によって値段が付けられ、トレーダーを中心に取引所で売買されています。そのため、取引板によっては受給関係が全体的な傾向と一時的に逆行し、アービトラージが可能な価格差が生まれることがあります。

 

先ほど例に上げたような取引所間の価格差は、最近の日本の取引所では1万円という顕著な差がずっと出ていることはありませんが、それでも常に生じています。

 

また、これは国外の取引所にも目を向けることで、さらにチャンスが広がります。例えば最近中国でビットコインの取引が禁止されるというニュースが流れた際には、中国の取引所では日本やその他の国の取引所よりもさらに価格が下落しました。このとき、中国の取引所でビットコインを買い、日本の取引所ですぐに売るというようなことができれば、それだけで儲けを出すことができるのは事実です。

 

価格差はすぐに是正される

しかし、実際には取引所間の価格の歪みは多くのトレーダーが目を付けていますので、すぐに均衡を保つように動くケースが多いです。ただし、取引量(ボリューム)の少ないアルトコインの場合は依然として極端な価格差が取引所間で生じることもあるため、最近販売されているアービトラージツールはそこに目をつけたシステムになっているものが多いようです。

 

ただし、これに気がついて実行する人が増えれば、

1.取引所Aでアルトコインを買う

2.取引所Aから取引所Bにアルトコインを送る

3.取引所Bでアルトコインを売る

ということをしようとする間に、価格差が埋まってしまう場合がほとんど。それを防ぐためには、各取引所に潤沢な資産を置き、価格差が生じたときに常に対応できるようにBOT(ロボット=自動システム)を稼働させたりする必要があります。

 

仮想通貨アービトラージツール(アプリ)のまとめ

アービトラージを常に取引板に張り付いてやろうとするのはほぼ無理です。シグナルで教えてくれるツールなどがあっても、取引所から取引所にコインを送り合って回さなければいけない資産状況では、効率よく実行するのは難しいでしょう。取引所のAPIを使った自動取引機能がついているBOTならば、なおさら「利用者が増えたら旨味が少なくなる」という事態が生じるので、アービトラージツールで儲けを出せたとしてもそれは一時的なものに過ぎないですし、販売する側にとってもその旨味を手放すことになりますので経済的合理性も皆無と言えるでしょう。

 

仮想通貨マーケットも流動性が高まり、アービトラージに目をつけてBOTを開発・利用する人も増えてきたので、これまで価格差を利用した低リスクの取引で儲けられていた人があまり利益を出せなくなってきたのかもしれません。そのような人が、「旨味が薄れてしまった既に過去のツール」を高値で販売している可能性が高いのではないでしょうか。

 

「ノーリスクで簡単に儲けられる」というおいしい話には気をつけましょう。そのツールに手を出すことが最大にして最悪のリスクです。

※このブログでは投資・投機に関係する情報を扱っていますが、それらを推奨するものではありません。投資はリスクを考慮した上で自己判断・自己責任のもと行ってください。