読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Anti-Scam-Blog

投資詐欺や悪質なネットビジネスの注意喚起をやってます。本業は投資とWEBコンサル(SEO対策)です。仮想通貨についてはお勉強中。

てるみくらぶ内定者の続報について

playbaseball.hatenablog.com

先日取り上げたこちらのエントリーが、ツイッターやはてなブックマークでの拡散が影響して多くのアクセスをいただいた。てるみくらぶの利用者や取引先だけでなく、内定者含めた従業員の処遇についても企業責任が及ぶことは当然であり、その点もクローズアップされるのは悪いものではないだろう。


このエントリーに関連して、マスメディアから取材の申し込みや内定者に繋いでくれないかという依頼を受けたのだが、取材を行なった内定者の女性本人から、てるみくらぶからは内定取り消しの連絡を受けたため入社しないという旨の報告を受けたため、当ブログでの追加の取材やマスメディアへの紹介は行わないことにした。


事業が停止に至った24日から、日を重ねるごとに大きく報道されるだけでも大きなストレスがあったと思われる。彼女の協力には改めて感謝の意を表するとともに、彼女の「再・就職活動」を含めた今後の人生が上手く運ぶことを願っている。


さてここからは、ツイッターで前掲エントリーに対して言及されたコメントについて思ったことを述べたいと思う。特に私が言及したいのは「従業員数に対して新規採用予定者が多すぎるこんな会社に就職を決めたことがそもそも悪い」といったツイートに対してである。


確かに従業員数140人程度の中小企業が50〜100人の新卒者を採用しようと求人を出していたことには私も驚かされたし、よくよく考えるとこういった点からも経営状況の裏側が見えるという物差しにはなるのかもしれない。


しかし、そんな部分を後出しじゃんけん的に指摘するのは、内定先が潰れた採用者へのメンションとしては甚だ頓珍漢なものだ。


こうした指摘をして情報強者ぶったり、メディアからの取材依頼リプライが来るのを面白がって「てるみくらぶ内定者です」といったツイートをしている者は自身の行為を恥じるときが必ず来るだろう。


JALの倒産や東芝の現状などなど、市場や経営状況をどんなに精査したとしても予測し得ない常識の範囲外の経営失敗は起こるものであって、その兆候を見抜ける者はそう多くいないし、メディアや専門家というのも深い傷口に塩を塗ることぐらいしかできないものだ。


てるみくらぶの倒産は蚊帳の外だと思ってその類のチープなリアクションしか取れない者は、自身が何か問題に巻き込まれたときには被害者だと主張するばかりで、そのときは自らが「残念な人」に成り下がってジ・エンド。


まぁそれでも、今回のてるみくらぶの一連の騒動を受けて、2017年度以降に就職活動を控える者が「やっぱり内定先はしっかり考えなきゃな」と褌を締め直すような言及も見受けられ、この問題が業界や企業研究に対する姿勢を改める機会になるかもしれないというのは、語弊はあるが「良い傾向」であると言えるのかもしれない。


それにしても、あれほどDeNAのキュレーションサイトを血祭りにあげていたマスメディア各機関が、情報源をツイッターなどのSNSに頼りまくっているというのもまた面白い話だ。


今回の「てるみくらぶ 内定」でエゴサ(誤用把握)しまくってハイエナのように群がっていた件だけに過ぎず、事故や事件が起きたときには、それに関する画像や動画を投稿しているユーザーに対して報道各社のプログラムによる取材依頼のリプライが飛び交うし、ニュース番組でもSNSで拡散された情報が一次情報として扱われる。


これはかつてのテレビ局や新聞社が築いてきた「形」だけに頼る報道のスタイルであり、自分たちの作る番組の構成があれほど批判していたDeNAのキュレーションサイトのやり方と同じだという点は、極めて残念だと言わざるを得ない。


この「形」とは菊池寛の『形』に登場する槍中村の甲冑と同質であり、「地上波放送」「新聞」という権威・常識と錯覚しているもののみに支えられている空虚なものだ。


『形』のストーリーを知らない方はググっていただければわかると思うが、要するに今のマスメディアは、マスメディアという発信形態そのものが持つパワーにあぐらをかいているだけで、その本質はキュレーションサイトとなんら変わらないし、一つ一つを比べればむしろキュレーションサイトの方が品質の高い作品を提供しているケースも多々あるということだ。


ヤフーニュースも、形に安心しきってご意見番の芸能人がテレビで発言した内容を紹介するだけのエンタメ記事もどきや、韓国大好きヤフコメ民に媚びるようなニュースしか発信しなくなっている。


まぁ、このように色々批判するんだったら自分もそれなりのクリエイティビティーを見せろと言われて何も言い返せないオチであり、火種にすらなり得ないクソブログのクソブロガーによる戯言にお付き合いいただいた皆様に感謝と謝罪を述べて筆もといスマホを置くことにする。



▼関連エントリー
playbaseball.hatenablog.com
playbaseball.hatenablog.com



※このブログでは投資・投機に関係する情報を扱っていますが、それらを推奨するものではありません。投資はリスクを考慮した上で自己判断・自己責任のもと行ってください。