Anti-Scam-Blog

投資詐欺や悪質なネットビジネスについて調査しています。仮想通貨詐欺の調査をメインにやっております。

SportArb(スポートアーブ)の出金・着金状況が怪しくなってきたお話

「sportarb」の画像検索結果

 

ビットクラブとスポートアーブはもう少し早めに取り上げる予定だったのだが、なんとなく雲行きが怪しくなった今更ながら状況の考察でも。

 

SportArbのローンチは確か1月末付近で、現在生き残ってるHYIPの中では割りと古い。「そろそろ飛ぶのでは」という憶測が1ヶ月ほど前からあるのだが、そこまで大きなトラブルもなく回っていた。

 

しかし、ちょっとずつ破綻というか、最後の一絞りの兆しが見えたのが、今月上旬。SportArbのメルマガで、「日本とヨーロッパで大きなチームと契約したため、数週間以内に5000人以上の新規参加者がいるよ」という情報が配信されたときだ。D9のカンファレンスにしろ、こういう大々的な宣伝・告知とかキャンペーンって、いつもブレーキランプ5回点滅ト・ビ・マ・ス・ヨのサイン的なところ、あるよね*1。いやむしろアクセル思いっきり踏んでぶっ飛んでく感じか。

 

そのアナウンスから数週間が経過した現在時点で、ちょこちょこトラブルが出てきているようで。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

なんとも良いわめきっぷりだが、本人にとっては一大事。恐らく大口の入金をしていたのだろうと予測する。

 

割りと順調に回っている(ように見える)HYIPも、大口入金者1人だけバッサリ切り捨てるというのはありえる。リッチモンドバークスのやり方はひどいものがあったが、HYIPの行く末は破綻で、本質はポンジスキーム内でのマネーゲームなわけだから、そういう結果に至るのは致し方ない。まぁ、「詐欺師にお金を渡したのに75%もお金が返ってきた」と思えばすごく幸せな話だが。ヤンキーが子猫拾ってた的なアレ。

 

いかにも飛びそうにも思えるが、個人的には、SportArb自体はもう少し粘るのではと考えている。というのも、6月ぐらいまで運営したほうがジャパンマネーを搾り取れるから、今飛ぶのは少しもったいないと考えているのではないかという理由だ。

 

HYIP×大口×複利運用というのは、最初から救えない特殊な例で、他にはあまり着金遅延情報は無い。運営が最終ブースト段階に入ってるのも確かだろうが、ワンモアブーストチャンスの日本のボーナス時期までやる可能性は割りと高いのではないだろうか。5月にキャンペーンとか発表しだしたら、それはほぼ確実にスチールのサインだろう。

 

 

(追記)

なんか色々見てたらSportArbに600BTC入れた人がいるとかいないとか。正気の沙汰とは思えない。まともな投資紹介するからみんな私にビットコイン投げたほうがよっぽど良いと思うよ、うん。

(追記以上)

 

 

SportArbのプランなどの詳細はごうちさんのブログへどうぞ。

SportArb(スポートアーブ)について - サビアンでキャッシュバックの毎日♪

*1:筆者は決してドリカム世代ではありません。好きだけど。

※このブログでは投資・投機に関係する情報を扱っていますが、それらを推奨するものではありません。投資はリスクを考慮した上で自己判断・自己責任のもと行ってください。