Anti-Scam-Blog

投資詐欺や悪質なネットビジネスについて調査しています。仮想通貨詐欺の調査をメインにやっております。アフィリンクをふんだんに含みます。

ソーシャルレンディングってどんな投資?メリット・リスクを考察

このブログでは一つの投資方法としてソーシャルレンディングに関して言及することがあったが、今回はこの投資について詳しく解説していくことにする。

 

ソーシャルレンディングとは?

f:id:roko8and17:20170407022830j:plain

ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディングと呼ばれることもある)は銀行などを介さずに投資家と事業者を直接結びつける投資の形態で、借り手にとっては金利が低く資金集めができるという点が、そして貸し手にとっては高利回りが期待できるという点でメリットがある。

 

ソーシャルレンディングのメリット

前述の通り、借りる方は安く借りることができ、貸す方は利率が高いというのがメリットになる。ソーシャルレンディングでは期待利回り5~10%といった案件が多く、ある程度の金額を動かすならそれなりに配当が得られる利回りになっている。

 

また、借り手の不動産を担保にしているOwnersBookのように、業者が貸し倒れ対策を講じているというのもリスク管理上のメリットであると考えられる。

 

さらに、5万円あるいは1万円といった少額からの投資も気軽に申し込めるという点も、個人投資家にとって魅力的な点だ。投資信託や金に積立をするのが一時期流行したが、ソーシャルレンディングに毎月少しずつ投じているという投資家も増えつつある。

 

ソーシャルレンディングのリスクとデメリット

ソーシャルレンディングで扱われる商品は不動産から海外の企業まで、業者ごとにそれぞれ特色を出している場合が多いのだが、投資先によっては貸し倒れのリスクや、為替レートの変動によるリスクが存在する。為替ヘッジなどさまざまなリスクマネジメントが取り入れられてはいるものの、「投資に絶対は無い」ということは頭に入れておかなければならない。

 

ソーシャルレンディングで社会貢献ができる?

ソーシャルレンディングの中には、【クラウドクレジット】が扱っているような、発展途上国の中小企業を支援するような商品もある。こうしたファンドに出資を行うことは社会貢献の一種であると考えられるだろう。「FXはハイリスクだし、ただの決済行為だから生産性を感じられない」という人も最近では増えてきたが、そういう人にとってソーシャルレンディングは魅力的に映っているのかもしれない。

 

ソーシャルレンディングの満期と配当のタイミングについて

ソーシャルレンディングは満期が設定されている案件がほとんどで、その場合は満了まで出金することはできない。配当については案件ごとに異なるのだが、毎月配当が発生するものもあれば、満期に一括で償還されるものもある。

 

ソーシャルレンディングと税金

ソーシャルレンディングで配当金を受け取る際には、源泉徴収分(20.42%)が差し引かれた額を受け取ることになる。年明けには源泉徴収票も送付され、年20万円以上の利益が出た場合には確定申告が必要になるので、その辺りは他の投資と同様にしっかり行うようにしよう。

 

 

投資に絶対は無いのだが、ポートフォリオにソーシャルレンディングを加えてみるというのも悪くはない選択肢だろう。一攫千金が狙えるような投資の方法では無いが、少額から投資でき、出資後は基本的に何もしないで普通に過ごせば良いだけなので、ある意味誰でもできる投資だと言えなくもない。ただしもちろんリスクもあるので、自己判断・自己責任で。

 

▼ソーシャルレンディング業者の紹介

・クラウドクレジット

伊藤忠も出資している業者。海外ファンドに特化している。

 

・オーナーズブック

 全商品不動産担保付きで扱っている業者。マネーフォワードにも対応している。

※このブログでは投資・投機に関係する情報を扱っていますが、それらを推奨するものではありません。投資はリスクを考慮した上で自己判断・自己責任のもと行ってください。