Anti-Scam-Blog

投資詐欺や悪質なネットビジネスについて調査しています。仮想通貨詐欺の調査をメインにやっております。

PlatinumWorldTeamBuildというHYIP案件について【最新情報】

PlatinumWorldTeamBuild(プラチナムワールドチームビルド)というHYIP案件について「勧誘されたので調査していただけませんか」というメールを頂いた。もちろんこれもねずみ講=ポンジスキームだという前提で話を進めていくが、「先行者利益」を謳っている投資で気になっている人も多いかと思うので、調べてみることにした。

 

・名前が長いので本文では以後PWTBと略すことにする。

・私は無料登録をしてみたが、詐欺師に金を払いたいという人以外はそもそも登録すら控えたほうが無難だろう。

 

スポンサーリンク

 

 

速報:PWTBのローンチは延期に

4月9日の午前3時ごろに届いたメールによると、

we will be extending the launch until next Saturday, April 15 at 4 p.m. Eastern time.

訳:(技術的なトラブルが原因で)我々はローンチを日本時間4月16日(月)の午前6時に延期する

 

とのこと。目標金額に入金が達していないから引き延ばすのか、それとも本当に技術的なトラブルが発生しているのかはわからないが、どうなるのかな……。

 

PWTBの公式サイトと登録方法

PWTBは2017年4月8日にオープンを予定しているHYIP案件とのこと。公式サイトは以下になる。

https://platinumworldteambuild.com/

勧誘されたという人は、上記URLの後ろに「/?ref=○○○」という文字列が入っているケースがほとんどだと思うが、これは○○○の部分に勧誘者のIDが入っており、そのページから今後PWTBに投資すると、招待した者に報酬が入る仕組みになっていることが推測できる。つまり「先行者利益」を真っ先に得るのは勧誘者だということだ。

 

f:id:roko8and17:20170320182512p:plain

私は紹介者のリファラ部分を取っ払って、cookieも消して登録してみることに(上の画像は消す前なので紹介者が書いてありますね)。一瞬で登録完了した。ちなみに登録は無料だ。

 

f:id:roko8and17:20170320183232p:plain

つまりここで取得できたhttps://platinumworldteambuild.com/?ref=seoblogという招待用URLから誰かが登録して投資すれば、私に紹介者報酬が入ることになる。このリンクにアクセスすると名前も割れるのだが、名乗るほどの者でもないのでそんなに意味はないだろう。ただ、別に私は紹介者報酬もいらないしほぼ確実にねずみ講が疑われるものに皆さんを巻き込みたくはないので、興味がある人は他の儲けたい勧誘者の紹介リンクから自己責任でやっていただきたい。

 

登録完了メール

また、以下のようなメールも届いていた。

Welcome and thank you for signing up to be a Member of Platinumworldteambuild.

訳:ようこそ、そしてPWTBに登録してメンバーになってくれてありがとう。

 

Your login is: seoblog
Your password is: パスワードだよ

 

We look forward to helping you grow your business.

訳:我々はあなたのビジネスを発展させるお手伝いができることを心待ちにしている。


https://platinumworldteambuild.com

With best regards,
Platinumworldteambuild

 

PR:1万円からの不動産投資

 

入金・出金方法

さて、PWTBはまだ始まってもいない案件だが、入金と出金の方法などは事前に知りたい人が多いだろう。

f:id:roko8and17:20170320183945p:plain

Payment Settingsの項目を見ると、Payza(旧AlertPay)とStripeが利用できるようになっている。これらの決済代行サービスに事前に登録しておかなければならないのだろう。その方法などはググっていただきたい。

 

追記

公式のアナウンスによると、ローンチ後には入金方法にビットコインも追加される予定とのこと。

 

PWTBの入金方法については下記リンクの動画を参照されたい。

How to make payment in PWTB - YouTube

 

住所の登録

住所の設定項目もあるが、正式に投資を行う際にはこれらの情報も入力しなければならないのだろう。

f:id:roko8and17:20170320185035p:plain

 

My Structureとは

f:id:roko8and17:20170320185251p:plain

PWTBにはStructureなるものがあるが、これは何なのか疑問を持つ人も多いかもしれない。推測だがほぼ間違いなく「バイナリーツリー」などと呼ばれる自分が何人紹介したかが確認できるようなものだろう。

 

Structureは2段階あり、1段階でトップレベルまで上り詰めると、ステージ2で大きな報酬が見込めるらしいが、詳しくは後述する。

 

勝手にダウンが形成される仕組みとは

PWTBは「勝手にダウンが形成されるからオススメ」と言って勧誘する者がいるが、これはつまり、あなたの紹介者が順調に参加者を増やせば、あなたのStructureのバイナリーツリーにもダウンが付くという仕組みだ。それがつまり「登録するだけで報酬がもらえる」と謳われている理由だが、その報酬の出処を考えるとあまりにもチープなポンジスキームであることは明白だ。

 

「勝手にお金が増える」こんな上手い話はやはり存在しない。

 

PWTBの最低投資額は?

公式サイトには最低投資額などの詳しい説明は書いていなかったのだが、PWTBに勧誘された今回の調査依頼者には「オープン後48時間以内に100ドルの入金」というメッセージが届いたようなので、最低投資額は10万円ちょっとということになる。

 

PWTBは寄付型の投資案件

どうやらPWTBはビットリージョンなどと同じく、寄付型の案件のようだ。寄付型の投資案件と書くと実態がよくわからなくなってくるが、要するにねずみ講だ。出金できない騒動が絶賛勃発中のビットリージョンはこの類だったので、最初から破綻することは目に見えているということになる。

 

▼参考エントリー

playbaseball.hatenablog.com

 

レベルとステージについての解説

勧誘者を増やしてバイナリーツリーを形成するマトリックスシステムを採用しているHYIPの多くは、勧誘者の数や投資額に応じてレベルが設定されている。そしてPWTBの場合は第1Structureでトップレベルになると第2Structureに移行するとのこと。レベルとステージについての解説は海外サイトの翻訳になってしまうが、興味のある人は確認していただきたい。

 

レベルは4段階設定

https://i1.wp.com/internationalfreeoffers.com/wp-content/uploads/2017/03/Platinum-World-Team-Build-Compensation-Plan.jpg?w=635

出所:Platinum World Team Build - Scam or Legit! PWTB Reviews

 

PWTBのレベルは4段階構成になっている。上から順番にPlatinum→Gold→Silver→Bronzeである。

 

プロジェクトが正式にローンチしてから100ドルを支払うとブロンズレベルのメンバーになることができる。そして勧誘者を増やすことで上のレベルに行くことができる。あなたが紹介した最初の紹介者は、右と左にそれぞれ1人ずつ付くことになる。

 

彼らが同じように100ドルを支払えば、あなたは2段階目のシルバーレベルにアップグレードできる。ここで、あなたはトップからのコミッション報酬を得ることが可能になる。

 

3段階目のゴールドレベルになるには、500ドルを支払う必要があるが、あなたは自分のダウンラインに着いた紹介者から800ドルを受け取ることができる。800ドルのうち500ドルを支払えばゴールドレベルのメンバーシップを獲得できるので、何もしなくても残りの300ドルは報酬として受け取れることになる。

 

最終レベルはプラチナムで、これが第1ステージの寄付プランのトップだ。自分の下に着くメンバーもゴールドレベルになると、その時点で4000ドルを受け取ることができ、強制的にプラチナムメンバーにアップグレードされる。この時点で2000ドルの利益が出るのだ(おそらくプラチナムメンバーになるには2000ドルが要求されるのだろう)。100ドルの投資を始めたあなたが2000ドルを受け取れるのだ。

 

同じような仕組みで、この寄付構造はより大きな報酬が見込めるステージ2に移行する。

 

要約すると、完璧なねずみ講ということになる。自分の紹介者を増やして紹介者から金を巻き上げ、さらに紹介者の紹介者からも金を巻き上げていくことでレベルアップするというねずみ講のテンプレートとも言えるかもしれない。「自分で複数のアカウントを作って自分のダウンラインに自分のサブアカウントを配置すればすぐにレベルアップできるよ」なんて解説をしているところもあるようだが、笑ってしまうほどチープなポンジスキームだ。

 

登録は無料だが、結局報酬の受け取りには最低でも100ドルが必要だし、自分の紹介者にも100ドルをつぎ込ませ、さらにその紹介者にも100ドルを……という「出資」が繰り返されることで、報酬を受け取ることが可能になるという仕組みだ。寄付? いやいや、完璧なねずみ講よ。

 

PWTBのプロモーション動画

www.youtube.com

PWTBのプロモーション動画が公式サイトにあった。翻訳して内容を説明しようとも思ったのだが、30分以上あって作業の時間が取れないので、頃合いを見計らってできそうであればまた内容を解説しよう。まぁその作業に意味があるかと言えば無いに等しいのだろうが……。

 

日本人がいっぱいアクセスしてる

f:id:roko8and17:20170320190414p:plain

ポンジスキームについて語るとき、Alexaのアクセス解析を利用することがあるのだが、どうやら日本人も多くアクセスしているようだ。「まだ未公開で日本ではあんまり広まっていないから先行者利益があるよ!」なんていう勧誘もアテにならなさそうなのでご注意を。

 

PWTBは詐欺(scam)なのか?

ここまでの説明の通り、これもほぼ確実にポンジスキームであると言える。紹介者が報酬を得られる仕組みで、高配当(PWTBの場合は多額の寄付報酬)を謳っている案件はほぼ確実にねずみ講だ。いつトンズラされるかわからないし、先行者利益が存在するのかも不透明だ。博打がしたいなら、いや、自分の周囲の人物をねずみ講に巻き込みたいならやればいいのかもしれないが、そうでないならもっと他の投資をするなり考えた方がいい。

 

先日コメントに「HYIPなんてみんな自己責任でやってるんだから、こんな記事書いて何の意味があるの?」といった指摘があったが、勧誘者の一部は言葉巧みに投資初心者から金を巻き上げて、その案件がトンズラすれば「自己責任」という言葉で片付ける。HYIPはポンジスキーム式の詐欺(scam=スキャム)を疑ってかかり、一切手を出さないというのが懸命な判断であるというのは言うまでもない。

 

追記:3月22日に運営から送信されたメールの内容

WPTBに登録して2日が経ったが、運営よりメールが送られてきたので、その内容について紹介する。

 

To All PWTB Members:

PWTBのすべてのメンバーへ

Anyone caught adding new members to oursystem without his or her permission will be banned from the Platinum World Team Build.

新しいメンバーをその人物の許可なく我々のシステムに追加した者は、PWTBから追放される。
3 members were removed permanently for doing this.

3人のメンバーがこの行為によって永久追放された。

 

今回届いたメールの本文はこれだけである。このメールが示すのは「勧誘するときは参加者が自主的に登録するようにしなければならない」という内容だ。このポンジスキームが破綻したときにトラブルを防止するためのものといった感じだろうか。

 

 

よろしければ以下のエントリーもご参照いただきたい。

playbaseball.hatenablog.com

 

▼参考

supercar.hatenablog.com

 

 

はじめての人のための3000円投資生活

はじめての人のための3000円投資生活

 

 

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣―――外資系金融マンが教える本当のお金の知識

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣―――外資系金融マンが教える本当のお金の知識

 

 

※このブログでは投資・投機に関係する情報を扱っていますが、それらを推奨するものではありません。投資はリスクを考慮した上で自己判断・自己責任のもと行ってください。