仮想通貨で消耗してます、

アフィカスやで。

CEDEX(セデックス)のICOを調査。ダイアモンド取引にブロックチェーンを導入

f:id:roko8and17:20171230224109p:plain

先ほど親しくしている方から、とあるICOについての情報をもらいました。

 

2018年にトークンセールの開始を予定している"CEDEX"「セデックス」というイーサリアム(ETH)ベースのトークンです。

 

CEDEXはダイヤモンドを金融商品として取引することができる、ブロックチェーンベースのダイヤモンド取引所です。


CEDEXは、鑑定書をブロックチェーン化したダイヤモンドを取引する、世界で初めてのダイヤモンド取引所です。 CEDEX取引所では一つひとつのダイヤモンドに投資できるのはもちろんのこと、貴重で高価なダイヤモンドは複数の投資家で共同投資をしたり、複数のダイヤモンドをひとまとめにしたバスケット取引(ETF)への投資も可能となります。


CEDEX独自で開発した学習機能付アルゴリズムと、ブロックチェーン技術を使ってダイヤモンド価格を算出する。


"DEX"により、ダイヤモンド価格の透明性が確保されているため、投資家や買取業者、卸売業者は全幅の信頼を置いて取引を行うことができます。CEDEXがダイヤモンド一つひとつに独自の基準価額・価格・契約条件を付与するため、売り手と買い手の双方の動きが活発化し新たな市場を創出します。

 

CEDEX

 

プレセールに参加するには、事前登録が必須となっています。こちらのリンクから登録された方には1%のボーナスが付与されます。よろしければお使いください(ホワイトペーパーなどもリンク先で確認可能です)。

 

個人的にこれまでICOにはあまり積極的に参加してこなかったのですが、金とは異なり「量(重さ)」だけではなく造形が価値に大きく反映される宝飾品市場において、ブロックチェーン上でのデータ管理をベースにした取引プラットフォームが導入されることは非常に価値があるのではないかと感じ、今回参加しようと考えました。

 

詳しい解説はまた後日追記していきます。気になった方は登録だけでもしてみてください。なお、登録の際にはトークンを受け取るためのERC20に対応したウォレットの準備が必要になります。My Ether Walletがそれに当たりますが、登録方法がわからないという方はLINE@でサポートしますのでお気軽にご連絡ください。

※このブログでは投資・投機に関係する情報を扱っていますが、それらを推奨するものではありません。投資はリスクを考慮した上で自己判断・自己責任のもと行ってください。