読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEOコンサルタントのブログ

Webを愛し、Webには愛されているかどうかわからない男。最近はマルチビジネス絶対倒すマンになりつつある。大学生のときに投資とライター業をはじめてから、投資とWebコンサルで食べています。最近はHYIPなどの投資詐欺・ポンジスキームへの注意喚起に努めています。

For other languages users
If you have a question or opinion about this blog's content,
please send an e-mail to kuramoto99seo@gmail.com
in your own language OK.

2017年最もアツいアフィリエイト業界とは?

アフィリエイト

アフィリエイトで扱われる商品・サービスは多岐に渡ります。ASPでプログラムを検索してみると、飲食料や化粧品はもちろん、スポーツジムや大学の資料請求などなどたくさんの分野でアフィリエイト広告が出稿されていることがわかります。

 

では、2017年最もアツいアフィリエイト業界はどんな業界なんでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

 

ズバリそれは、画系のサービスです。ピコ太郎さんのCMでよく見かけるAbema TVは順調にユーザーを増やしつつありますが、オンデマンドの有料プログラムや、過去の動画を月の定額課金で見放題のアーカイブサービスなどにも力を入れています。

 

Abema TVのような動画系サービスが広告業界と非常に相性が良いのは、テレビやYouTubeの例を考えれば明らかですが、この業界には有料プログラムへの登録インセンティブなど、今後多くのアフィリエイトプログラムなどが導入されるようになるのではないでしょうか。

 

Abema TV以外の動画系サービスと言えば、ツイキャスも具体的なマネタイズの方針が打ち出される可能性がありそうです。「大手」と呼ばれる有名配信者が生放送を行うと数万人規模での視聴者が集まるツイキャスですが、現状ではアプリに広告は掲載されておらず(PCブラウザではアドセンス広告が確認できました)、配信者はYouTubeにアップする「ネタ」を作るためにツイキャスを利用している場合も多いのですが、この状況も変わってくるかもしれません*1

 

配信を行わない視聴のみのユーザーが収益を上げられるようなシステムにはならないと思われますが、今までツイキャスで放送した内容をニコニコ動画やYouTubeにアップしていた配信者が、ツイキャスから直接報酬を受け取るようなモデルが近い将来成り立つかもしれません。

*1:2017年1月12日追記:本日iOS版のアプリで見ていたところ、下部にオーバーレイ広告が採用されていました。

※このブログでは投資・投機に関係する情報を扱っていますが、それらを推奨するものではありません。投資はリスクを考慮した上で自己判断・自己責任のもと行ってください。