Anti-Scam-Blog

投資詐欺や悪質なネットビジネスについて調査しています。仮想通貨詐欺の調査をメインにやっております。

グーグルが目指しているものを考えてSEO対策の大前提を確認してみた。

今回は、SEO対策の大前提を確認するために、グーグルは今までどのようなことをしてきて、どのようなことを目標にしているのかを考えてみました。

 

ペンギンアップデートでSEO対策はコンテンツの充実化がメインに

グーグルのペンギンアップデートを皮切りに、webサイトは「被リンク」からそのサイトの発信するコンテンツそのものを中心として評価されました。元々被リンクが多いページが上位表示されていた背景には「被リンクが集まる=良いコンテンツである」というグーグル側の認識があったからだと言われています。

 

ペンギンアップデート以前は、SEOの手法としてとにかく被リンクを集めるためのスパムサイトが溢れかえっていました。SEO対策業者も被リンクの本数を売りにして営業を行っていましたし、役に立たないようなスパムコンテンツでも、被リンクが多ければ検索結果の上位に表示されるコンテンツも多かったのです。

 

スポンサーリンク

 

 

ペンギンアップデートによって絶対評価の時代が到来

しかし、ペンギンアップデートにより、webサイトの評価が評価される基準は、被リンクによる相対評価から、コンテンツの内容を基にした絶対評価へと変わったのです。

 

現在でももちろん良いコンテンツには被リンクが集まるため、被リンクとSEOの関係性は当然あるのですが、SEO対策にはコンテンツの充実が必要で、コンテンツの充実はSEOになるという現在の状況に至るまでの経緯は上記のような流れになっていたのです。

 

検索者のニーズを満たす良質なコンテンツが評価される

そもそもグーグルというサーチエンジンが利用されるのは「調べる」というシチュエーションにおいてであり、その検索結果には調べたい情報があるかどうかがユーザーにとって大切です。つまり、検索者が知りたい情報が含まれるコンテンツであれば、そのコンテンツはグーグルから高く評価されるということです。

 

一方で、ペンギンアップデート以前に大量にあったキーワードを羅列しただけのスパムコンテンツは、検索者にとって全く無益なコンテンツです。そのようなwebサイトは検索結果から除外され、例えペンギンアップデート以前は検索結果1位であったコンテンツでも、今では検索エンジンに全く評価されない「web上のゴミ」として扱われてしまうのです。

 

SEO対策=コンテンツの充実化

以上の情報を整理すると、結局はサイト内で検索者にとって有益な情報を扱うことこそが最も手っ取り早いSEOであり、その他の小手先のテクニックは、検索結果を大幅に上昇させてくれるような効果は持たないという結論に至ります。自身が運営する検索エンジンからの流入を増やしたいなら、価値あるコンテンツを作るというのが現状最も効果的であるとされているSEOの手法です。

 

SEO対策の結果が出ないのはなぜ?

SEO対策の結果が表れるには最低でも3ヶ月はかかる

といった言葉はみなさんも聞いたことがあるのではないでしょうか。実は、SEO対策は、やった翌日や1週間程度では思ったような効果が出ない場合も多いのです。というのも、グーグルの「クローラー」が巡回して世界の数多あるサイトの評価を行っているため、検索結果で実際に上位表示されるまでには3ヶ月程度の時間を要してしまうのが一般的です。

 

したがって、SEO対策をしているのに結果が出ないと悩んでいる人は、サイトのコンテンツやその他の要素に問題を見出そうとしてしまうのですが、SEO対策は良質なコンテンツを継続的に発信していくことで少しずつ成果が見えてくるということも確認しておきましょう。

 

グーグル側の意図を考えてみよう

ここで、グーグルはどのような意図で検索エンジンのアップデートを行っているのかを考えてみましょう。グーグル先生は敵ではありません。あなたのコンテンツを評価し、webサイトへの訪問者数を増やしてくれる味方です。

 

その味方がどんな考えで検索エンジンをユーザーに提供しているかを考えることで、今後の検索エンジンアルゴリズムのアップデートにも動じない不変のSEO対策の方法が見えてくるのです。

 

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

実はこのフレーズは、グーグルが掲げる10の理念の1番目の理念です。グーグルは、ユーザーに焦点を当て、ユーザーのためになるサービスを提供しようと奔走している企業です。その企業が提供する検索エンジンで得られる情報もまた、「ユーザーに焦点を当てたもの」になるのは容易に想像できるでしょう。

 

つまり「グーグルに評価される、検索結果上位のコンテンツ」が、ユーザーにとって有益なコンテンツでなければならないという理由は、グーグルが掲げる理念からもわかるのです。

 

SEO対策の大前提3ヵ条

その1.とにかくユーザーのニーズを満たすコンテンツを作るべし

その2.SEO対策は数日で結果は出ない。まずは3ヶ月継続して様子を見るべ

その3.グーグル先生は敵じゃない。グーグルがやりたいことを理解するべし

 

ここまでの内容をまとめると、こんな感じになりますね。これが現状最も効果的だと考えられるSEO対策の方法です。ユーザーのためになるコンテンツ作りにまずは3ヶ月励むことが、検索結果上位を狙う一番の近道だということですね。

 

※このブログでは投資・投機に関係する情報を扱っていますが、それらを推奨するものではありません。投資はリスクを考慮した上で自己判断・自己責任のもと行ってください。