読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEOコンサルタントのブログ

Webを愛し、Webには愛されているかどうかわからない男。最近はマルチビジネス絶対倒すマンになりつつある。大学生のときに投資とライター業をはじめてから、投資とWebコンサルで食べています。最近はHYIPなどの投資詐欺・ポンジスキームへの注意喚起に努めています。

For other languages users
If you have a question or opinion about this blog's content,
please send an e-mail to kuramoto99seo@gmail.com
in your own language OK.

「SEO対策」という生き方。

SEO対策 メディア運営

SEO対策を行う場合に必ず意識しなければいけないのは、「やれる施策を120パーセントやる」ということです。

 

コンテンツの内容を完全に検索エンジンに評価してもらうためには、作成に取り掛かる前に、まず以下の2点をしっかり意識しましょう。

 

・誰のためのコンテンツなのか

・このコンテンツを見ている人はどんなことを知りたいのか

 

検索エンジンに強い記事を作り続けるためには、内容が99パーセントの仕上がりでは思うような成果が得られない場合も多いです。

 

ユーザーが知りたい情報に100パーセントアクセスできる状態を整え、さらなる疑問点にも答えるために、120パーセントの情報を提供しなければなりません。

 

ただし、結果的にDeNAがキュレーションメディアでやっていたような「むやみやたらに文字数だけを増やしたコンテンツ」が増えてしまえば、検索エンジンには気に入られても、ユーザーからは嫌われてしまう場合も。

 

つまり、検索結果の上位に表示されるようになったとしても、固定ユーザーが付かなかったりという現象も起こり得るということです。

 

ただし、そこはコンテンツを目次で整理してページネーションを分割したり、コンテンツの内容が広がりすぎないように制作段階から

 

・誰のためのコンテンツなのか

・このコンテンツを見ている人はどんなことを知りたいのか

 

この2点を明確にすることである程度の対応が可能です。

 

SEO対策と検索結果の改善は、集客の一手段に過ぎません。そこから広告収入を広げたり、自分のコンテンツを利用してもらうためにはどんな要素が必要なのか常に意識してサイト作りをしなければなりません。

 

ユーザーが必要とするで「あろう」情報にもアクセスできるような体制を整えることで、検索順位とユーザーにとっての利便性両方を向上させることが可能です。

 

ユーザーにとって親切すぎるサイト作りを心がける。

 

それがSEOという生き方です。

※このブログでは投資・投機に関係する情報を扱っていますが、それらを推奨するものではありません。投資はリスクを考慮した上で自己判断・自己責任のもと行ってください。